M&A全般調剤薬局

2017年の調剤薬局M&A振り返り①

2016年に引き続き、2017年も大手による地場の中堅調剤薬局買収のニュースが多く飛び込んできた。調剤薬局業界の再編が進んでいることはここ数年の動きを見れば周知の事実であったが、再編の流れはさらに加速しているように思える。

 

現在、全国の調剤薬局店舗数は約5万8,000店舗弱。店舗ビジネスということを考えるとこれくらいの数が上限であるように感じる。私たちはこれを6万拠点の法則と呼んでいるが、あらゆる業界で6万拠点が飽和を現す数字になっているのではないだろうか。例えばガソリンスタンド、コンビニ、運送業者、歯医者などが6万拠点で飽和している状態であった。かつてガソリンスタンドは国内店舗数が最大6万店舗ほどあったが、ここ10年―15年で淘汰が進み、現在は4万店舗を切る規模となっている。必要が無ければどんどん淘汰されていくであろうし、若者の車離れ、電気自動車の普及促進など様々な要因もある。調剤薬局業界においては、国が“今ある全ての薬局を残す気は無い”というような方針を示しており、必要とされる薬局のみが残るような報酬改定が続いていくことが予想され、さらなる再編が進むであろう。

 

実際、当社が仲介する調剤薬局のM&A件数も年々増えており、2014年24件、2015年44件、2016年46件、2017年48件と増加の一途を辿っている。特に最近の新しい動きとしては、中堅規模の地域の薬局が新たな地域への進出や、自社で持っていないノウハウを求め、大手企業と手を組む、成長戦略型のM&Aが増えている。社長が社長として残り、自社で今までできなかったことを大資本と連携することで実現する、そのような形で厳しい業界を乗り越えていこうという動きが活発である。また、今までは薬局業単体で大きくなってきたが、店舗展開が加速化しているなかで、フランチャイズ系の企業やM&Aに強い金融機関やファンドの業界参入という動きもある。今後は業務の効率化といった観点からIT分野との結びつきが強くなっていくことが予想される。