M&A全般調剤薬局

2018年の調剤報酬改定

2018年2月7日、調剤報酬改定の要綱が発表されたが、その内容は薬局経営者に衝撃を与えるものだった。具体的には、以下の通りである。

 

調剤基本料3の適用基準

・月間枚数4万~40万枚(20点):集中率85%以上 または 医療機関と賃貸借関係
・月間枚数40万枚超(15点)

 

二つの大きな意味がある。ひとつは、減額基準となる集中率が95%から85%になったことで、多くのマンツー・門前型薬局が対象となることだ。これにより、4万枚以上40万枚以下の30店舗~300店舗程度の中堅・準大手は、マンツー・門前薬局の集中率を85%以下にしない限り、大幅な経営ダメージを受けることになる。今までであれば、患者に呼びかけたり、在宅を始めるなど、努力次第で95%以下にできた店舗も多いが、85%となるとまったく話は変わる。

 

もうひとつは、40万枚超という、約300店舗程度以上の大手調剤薬局に対して、15点とさらに減額をしたことである。集約し経営効率を上げることは、良質な医療サービスの提供と社会保障費の削減につながることを考えると、他の業界から見てまったく理解しがたい点数設定である。M&Aという視点で考えると、集中率85%以上95%以下の薬局が譲渡するときに、今までとは譲渡価額が変わってしまう可能性が大きい。これまでは、4万枚以上のグループが経営しても基本料1であったが、これからは4万枚以上のグループになった途端に、基本料3となり、1枚あたり210~260円利益が減ってしまうのである。また、40万枚以上の大手、4万枚以上40万枚以下の準大手・中堅、4万枚以下の中小企業で、買収時に提示する金額が変わることになるだろう。

 

基本料2(25点)の適用基準(変更点)

・2000回以上かつ85%以上
・特定医療機関の処方箋4,000回以上(ただし、同一建物内医療機関はひとつの医療機関とみなす・同一グループで複数同一の処方元前に出店している場合は合算される)

 

こちらについては、医療モールが対象になったということが大きい。調剤グループが経営するかどうかにかかわらず、医療モールで4,000回以上の処方箋を受ける薬局は1回あたり1月160円の利益が減ることになる。

 

特別調剤基本料(10点)

・敷地内薬局で集中率95%超

 

敷地内薬局は予想通り大幅な減算となったが、集中率95%超がついた。病院内なので、一般のマンツーや門前と比べても他の薬局処方箋を受けるのが難しいといわれているが、努力すれば無理な数字ではないという経営者が多い。また、敷地内薬局については、広告宣伝的な意味も強いため、今後も可能であれば、とりにいきたいと考える経営者が多いようだ。

 

また、薬剤師1名あたり月100件以上かかりつけ薬剤指導料を算定した際の特例もなくなった。大手調剤薬局が、この特例で基本料1を獲得していた店舗が多いことから、利益に対するインパクトは大きいと思われる。

 

後発品加算

・75%以上:18点
・80%以上:22点
・85%以上:26点
・後発品比率が20%以下:マイナス2点

 

今までの65%、75%の基準から5%ずつ基準がきりあがり、新たに85%以上26点、20%以下マイナス2点という政府目標にのっとった基準ができた。後発に関しては、次回改定でさらに基準があがるのは必至で、いずれ加算ではなく(対応していない店舗が)減算になっていくということだと思われる。

 

かかりつけ薬剤師の基準(変更点)

・12ヶ月以上の店舗勤務実績
・育児介護休業法の期間は特例制度あり
・かかりつけ薬剤師指導料が70点から73点に。

 

今までは6ヶ月の勤務実績が12ヶ月以上になり、さらに地域に根ざし長期的に患者とコミュニケーションをとる必要性が明示された形となった。一方で、かかりつけ薬剤師指導料が増額され、対応できる薬局に対しては、インセンティブが付与される形となり、対応できる薬局と対応できない薬局の生き残りに差が出ることとなる。

 

地域支援体制加算(基準加算の廃止)

基準加算の用件に加え、基本料1の場合は、

・麻薬、向精神薬免許
・在宅実績
・かかりつけ届出

 

基本料1以外の場合、

・夜間休日加算400回
・重複投薬、相互作用防止加算 40回
・服用薬剤調整支援料 1回
・居宅在宅の実績 12回
・服薬情報提供料 60回
・麻薬指導管理加算 10回
・かかりつけ薬剤指導料 40回
・外来服薬支援料 12回
・集中率85%以上の場合は、後発品割合50%以上であること

 

基本料1をとれていれば、比較的算定できる薬局もある一方、中堅以上など基本料1以外の薬局にとってはかなり厳しい水準となった。特に夜間休日加算400回/人というのは、大手調剤の中で在宅が得意な企業ですら1割程度の店舗しかできていないことを考えると、かなり難しいといわざるを得ない。

M&Aにおいては、地域支援体制加算を算定している薬局が売却する場合、基本料1+地域貢献加算=76点が、基本料3=15~20点となり、最大1枚あたり610円の利益減となる。一方で、大手調剤の中でも買収後に夜間休日加算など算定をこなせる企業は、他の大手に比べて非常に高く価額を提示できることになる。

 

以上のように、今回の報酬改定では対物から対人へのシフトを促すためのメッセージが非常に強いものとなった。この流れは来る地域包括ケアシステムに必須の事項であるため、今後はさらに条件の厳格化、範囲の増加がおこなわれるであろう。今回の改定で影響が無かったから良かったなどとホッとしている時間はないと強く思わされる改定であった。