IT・ソフトウェア

IT業界の歴史とM&Aトレンド-IT業界M&Aコラム2019①-

昨年2018年、IT業界ではM&A件数が1070件と、国内で初めて1000件を超え史上最多になるなど近年かつてないほどM&Aが活況な業界となっております。

今後こちらのコラムでは、そうしたIT業界のM&Aトレンドや成功事例・失敗事例等を定期的にご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

先ず、IT業界の歴史と合わせて、M&Aのトレンドを俯瞰して見ると、上記の図のような流れになっています。

 

1980年代後半のバブルの頃は、日本企業の無謀な海外展開や事業多角化のためのM&Aが主流でした。三菱地所がロックフェラーセンターを買収したり、ソニーがコロンビアピクチャーズを買収したり、というのが世界から注目された時代です。

 

その後バブルが崩壊して15年くらいは、救済・再生型や、敵対的買収、ハゲタカと言われるようなM&Aがメディアに良く取り立たされることになります。

日本でM&Aに良くないイメージをお持ちの方はこの時代のイメージが非常に強いからだと思います。

 

バブル期に高値で買収しその後バブル崩壊で経営が悪化し大きく減損した企業などを、ハゲタカファンドが敵対的に買収し、経営改革の名のもとに経営陣を送り込み、乗っ取りと揶揄されるようなことをしたりしていました。

 

ただ、近年のM&Aというのは全く違っています。事業承継問題の解決や、会社が成長するための手段として前向きなM&Aが主流になっています。

 

特に若い世代の起業家はM&Aに全くネガティブなイメージをもっていません。

それどころかM&Aを特別なものとも考えておらず、経営手法の一つくらいにとらえており、将来のM&Aを目的に起業されるという方も増えています。

 

IT業界のM&Aトレンドと、近年のトピックス

 

上記表の、「国内ITのトレンド」にも大きな流れを記載しておりますが、歴史的に見ると、IT業界は1990年代にかけて大企業がシステム部門として内製化していた機能を分社してシステム子会社とし、それを2000年代前半に経営の選択と集中を進める中で切り離し、NTTデータなどの大手SIが買収していくという流れが顕著でした。

 

近年では、そうした売上数千億クラスの大手SIは海外でのM&Aを主戦場としており、一方国内では、中堅・中小、ベンチャー企業のM&Aがかつてないほど活発になっています。

 

国内のIT業界M&A件数は8年連続で増加しており、昨年は1070件と史上最多を更新しました。

これはマイノリティの資本提携も含めた件数ですが、1業種で1000件を超えたのは日本で初めてのことです。2006年のときの355件というのが当時で過去最高件数でしたが、今はその3倍程の水準になっています。

 

そしてこの件数は、全業種の中でも圧倒的に一番多い件数になっております。

 

昨年2018年は、国内全体で3073件のM&Aが成立していますが、そのうち約1/3程がIT業界でのM&Aなのです。

 

 

※レコフM&Aデータベースより、日本M&Aセンター作成

 

次回は、なぜ近年この業界でここまでM&Aが活発になっているのかという背景・具体的要因等についてお伝えさせて頂きたいと思います。

 

日本M&Aセンター 業界再編部 副部長 瀬谷祐介