調剤薬局

調剤薬局

【調剤薬局業界M&A事例】経営状況が良いタイミングだったからこそ実現したM&A

譲渡企業である薬局の40代H社長は、九州出身で大学を卒業後、地元のチェーン薬局にて薬剤師として勤務した後、フランチャイズ契約での薬局運営を経て、3年前にその薬局の営業権を買い取る形で独立。譲渡企業である 譲受企業であるZ社は、西日本で多店舗展開している中堅薬局です。

調剤薬局

【調剤薬局業界M&A事例】地元に根差した薬局と社長の思いが受け継がれた地域内M&A

埼玉県にある桶川駅を出たところに桶川ショッピングセンターマインという商業施設があります。また処方箋だけでなく、店頭に並んでいる栄養ドリンクや化粧品、OTC医薬品などの商品も、気軽にお客さんに買っていただけるような店舗で、創業当初から多くのお客さんに愛されてきました。

調剤薬局

『兵庫県からM&Aで全国展開へ』阪神調剤ホールディングのM&A

阪神調剤ホールディングは、1976年の創業以降、約40年間患者さま第一を貫き店舗数を増やしている調剤薬局業界のリーディングカンパニーであり、全国展開している保険薬局チェーンの中でも最も長い歴史を持つ企業のひとつです。

さらに2012年には阪神調剤ホールディング株式会社を設立し、グループ会社とともに日本の地域医療を支えるリーディングカンパニーとして全国で調剤薬局を運営しています。

調剤薬局

【調剤薬局業界再編M&A】日本調剤のM&Aから学ぶ

医薬分業元年は1974年。それから間もなくして、「医薬分業」への強い思いで1980年に創業した日本調剤。 日本調剤株式会社三津原庸介専務は、「創業当時はマンツーマン出店が主で、メディカルセンター型(医療モール型)で医薬分業に取り組んできました。その後、大型病院の門前にも多くの店を構える形となり、店舗数もまもなく600店舗を超える。今後は面分業の時代に合わせた店舗展開も進めていく方針」といいます。

調剤薬局

医薬品卸業界M&Aの歴史と今後の展望

医薬品卸業界は、業界再編を経て全国規模の4大医薬品卸と地方の中堅卸に分けられました。4大卸の内、最大手メディパルホールディングスの年商は3.2兆円で、総合商社7位の双日の年商が1.8兆円であることを考えると、医療関係者以外からの知名度は高くないものの、非常に影響力の大きい企業体であると言えます。これらを生み出した再編の歴史と、これからのM&Aの可能性について考えてみたいと思います。


M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
  • ▼ Webから無料相談はこちら
  • 譲渡(売却)をご検討中の方 売却希望の事業者様、事業承継先をお探しの事業者様はこちらからお問い合わせください。
  • 譲受(買収)をご検討中の方 買収希望の事業者様、事業を承継いただける事業者様はこちらからお問い合わせください。