IT・ソフトウェア

IT・ソフトウェア

【IT業界M&A事例】「家族にも社員にも会社を継がせない」という社長の決断

譲渡オーナーの藪内 利明様は、新卒で日本オリベッティ株式会社に入社し、営業・SEを経て、29歳のときに福島県郡山市で株式会社コンピューターシステムハウス(以下、CSH)を1981年に設立しました。譲り受け企業であるインフォニック株式会社(以下、インフォニック)は株式会社富士銀行(現:株式会社みずほ銀行)出身の菊地 宏様によって2005年に京都に設立されました。

IT・ソフトウェア

【オンラインセミナー開催!】IT・ソフトウェア企業経営者のための事業承継・M&Aセミナー

中堅・中小企業の“M&A仲介実績No.1”の株式会社日本M&A センター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅 卓)の業界再編部(業種特化事業本部長:渡部 恒郎)は、IT業界の経営者様に向けて、従来のリアル会場で実施しているセミナーに加え、動画配信システムネクプロを利用し、WEBのみで実施するセミナー(ウェビナー)を実施します。

IT・ソフトウェア

M&Aを失敗させない重要ポイント・後半-IT業界M&Aコラム2019⑤-

前回(第4回リンク)は、M&Aを進める上で、失敗させないための重要なポイントについて、秘密保持、キーマン開示、条件交渉の3つの観点からお伝えさせていただきました。今回は後編として、M&Aを検討、実行する上で、非常に重要な「時間」というものにフォーカスをしてお伝えしたいと思います。

IT・ソフトウェア

M&Aを失敗させない重要ポイント・前半-IT業界M&Aコラム2019④-

前回は、M&Aの実行前後で、実際にIT企業の経営がどう変化したかについて、実際の事例に基づきお話をさせていただきました。
しかし、M&Aというのは、そう簡単に実現、成功できるものではありません。単純な物の売買のように、株式を買う、売る、というだけの話では全く無いのです。
そこで今回は、M&Aを進める上で、失敗させないための重要なポイントを、過去にあった失敗事例を参考にしながらお伝えいたします。


M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
  • ▼ Webから無料相談はこちら
  • 譲渡(売却)をご検討中の方 売却希望の事業者様、事業承継先をお探しの事業者様はこちらからお問い合わせください。
  • 譲受(買収)をご検討中の方 買収希望の事業者様、事業を承継いただける事業者様はこちらからお問い合わせください。