住宅・不動産・設備工事業界

『後継者候補の退職を機に第三者承継を選択』不動産賃貸管理業界のM&A事例②

前回に続き、今回も、事例をご紹介させていただきます。

今回は第2回目、後継者候補が急遽辞職してしまったオーナーの案件です。

 

後継者候補が急に辞めてしまったため、第三者承継を選択

譲渡企業:A社

所在地

関東

業績

年商1億円以上

事業内容

不動産賃貸管理・仲介

株主

和田社長(仮称)

従業員

約10名

 

譲受企業:B社

所在地

関西

業績

年商100億円以上

事業内容

不動産売買・賃貸管理・仲介

株主

上場企業のため複数

 

譲渡企業A社は和田社長(仮称)がお父様の経営する不動産個人商店を引き継ぎ、法人を設立。業暦が長く、既に地元での知名度も高かったので、無理に拡大路線をとるのではなく既存顧客を大事にする会社にしていこうと、堅実な経営をされていました。

 

後継者候補の右腕の存在

和田社長には、明確に後継者として決めている番頭がいました。創業期から会社のことを支えてきてくれた社員であり、他の従業員からも慕われる、仕事的にも人間的にも頼れる人材でした。

 

本人にはまだ伝えていませんでしたが、彼が40代前半のときから、後継者候補として育ててきたつもりでした。営業出身でしたが、財務もわかるようにと経理処理も担当させたり、採用面接には必ず同席させたり、銀行からの融資関係も任せていました。

 

彼が50歳のときには、営業、財務、人事がわかる、まさに和田社長が思い描いていた後継者候補になっていました。

 

突然の辞任届け

和田社長が75歳を迎え、そろそろ引退を考えていたときに、その後継者候補から突然、会社を辞めたいという申し出を受けました。仕事や待遇には満足しており、また家庭もうまくいっていると聞いていたので、まさに衝撃的でした。

 

詳しく話を聞いてみると、健康上の理由だとわかり、それは引き止めるわけにもいかないと、あきらめざるを得えませんでした。和田社長は75歳にして、突然後継者候補を失ったということです。単なる後継者候補ではなく、重要なマネージャーを失った会社の業績は、徐々に下降線をたどっていきました。

 

和田社長は、長女を含めた家族会議を繰り返し、M&Aという手段を選ぶことにしました。

 

スピーディーに良いお相手を見つけるために

弊社にご相談いただいたとき、社長のご年齢はすでに70代後半でした。企業マネジメントを考えると、できるだけ早くお相手を探すことが求められていました。「長い付き合いの顧客が多いので、顧客フォローが特に丁寧なお相手」というご希望を受け、まずはマネジメント人材を派遣でき、かつ市場からの信頼も高い上場企業を中心に、候補先企業リスト(ロングリスト)をご提示しました。

 

そして、通常であれば、そこから追加の諸条件でフィルタリングをして、提案先を絞ってから実際に提案活動をすすめていきますが、今回はロングリスト全てに提案を進めていきました。

 

結果、通常半年で1社出てくるところ、開始1ヶ月で5社の候補先企業があがってきました。じっくりと選り好みしてから、提案先を選ぶことも大事ですが、敢えてそうせずに、より多くの企業に提案することが、スピーディーなお相手探しには有効です。

 

5社から1社、選ばれるために

今回は1社の譲渡企業に対し、5社の譲受企業候補が手をあげる、倍率5倍の勝負でした。譲受企業の立場としては、いかに選ばれるかが大事になってきますが、選ばれるためには、いくつかの条件があります。

 

それは、①人が送れる②新卒採用している③利益率が同業他社よりも高い④売上成長率が同業他社よりも高い、ということです。その上で、譲受企業の熱意が重要になってきます。本件、①は必須条件でした。③については、その会社の生産性を示しており、低ければ従業員の給与がさがってしまうのではという懸念が残ります。

 

今回は、関西で勢いのある上場企業B社が選ばれました。マネジメントの点で近くの同じ関東の企業が望ましいのではという意見もありましたが、B社社長自らフットワーク軽く訪問したことで、熱意が伝わったようです。

 

元社長の協力が、顧客関係の維持には不可欠

不動産管理会社のM&Aの場合、M&A実行後管理戸数が減ってしまった、という話をしばしば耳にします。下手なM&Aの場合、管理戸数が1年で半分以下になった例もあるようです。

 

そうならないために、私たちは元社長の引継ぎ協力を重要視しています。手間はかかりますが、両者がしっかりとコミュニケーションをとり顧客情報を抜かりなく交換することで、良い引継ぎができるのだと思います。

 

元社長が1年、場合によってはそれ以上顧問として残ることは、譲渡企業の門出を祝う最高の贈り物だと思います。