双方にメリットをもたらす
介護業界M&A

介護業界M&Aは、譲渡側の後継者問題や経営難を解消するだけでなく、譲受側にも次のようなメリットがあります。

譲渡側にとっての
メリット

後継者問題の解決

M&Aなら後継者不在でも事業を承継できます。後継者不在の悩みから解放され、ハッピーリタイアが可能に。

創業者利潤の確保

M&Aにより施設・事業を売却することで、譲渡企業の創業者は事業の現金化を行うことができます。また、借入金の個人補償や経営責任から解放されます。

本業への集中

海外進出や経営不振などを理由に、介護事業から撤退し、本業に集中したい企業は、M&Aによって介護事業のみを切り離すことも可能です。

譲受側
とってのメリット

顧客・人材の新規獲得

介護施設の新設にあたって、慢性的に不足する人材の確保が容易に。優秀な人材のほか、新規顧客、新たなノウハウ、立地、施設などを獲得できます。

拠点の強化や他地域への進出

既存施設の獲得により、医療と介護が一体となった地域ネットワークを拡充・補完。また、新規立ち上げのコストとリスクを低減できます。

介護事業の拡大

既存事業者の持つノウハウを吸収して、一気に介護事業の横展開を目指せます。

遊休地の介護事業への活用

大手企業などは遊休地を活用して、民間介護事業者として介護事業に参入できます。

大手の傘下に加わることで、経営改善とともに介護サービスの質が期待できます。介護の存続により、地域住民への責任が果たせます。

次は「病院医療・介護M&Aの進め方」へ

M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
  • ▼ Webから無料相談はこちら
  • 譲渡(売却)をご検討中の方 売却希望の事業者様、事業承継先をお探しの事業者様はこちらからお問い合わせください。
  • 譲受(買収)をご検討中の方 買収希望の事業者様、事業を承継いただける事業者様はこちらからお問い合わせください。