なぜ、今介護業界M&Aなのか?
介護業界を取り巻く現状

異業種の新規参入や同業者の拡大戦略による競争激化。地域密着型の施設ではハードの劣化や後継者不足など、介護業界では様々な問題が顕在化しています。

市場拡大に伴う競争激化

超高齢化社会の波を受けて、介護業界自体は順調に拡大。市場の成長性を評価し、異業種の大企業がM&Aで勢力拡大を図る動きが活発化しています。また、既存の介護事業者も拠点拡大や多角化の手段として、戦力的にM&Aを活用するケースが増えてきました。

変わりやすい経営環境

介護ビジネスの多くは、介護保険制度で決められた介護報酬が主な収益源です。2年に一度の介護報酬改定や国の施策の新設や変更が企業経営を左右する、不自由な業界でもあります。事業モデルや経営戦略の柔軟な転換が求められています。

有料老人ホームの総量規制

2006年に、自治体が介護付き老人ホームの設置数に上限を定める「総量規制」がスタートしました。2000年の介護保険制度スタートから10数年を経て、ハードが劣化し始めている物件も多く、介護業界の流れは施設型から在宅型へと移行しています。

「サ高住」の台頭

高齢者向けにバリアフリー設計された賃貸住宅に、高齢者の生活を支援するサービスが付帯する「サービス付き高齢者向け住宅」。従来の施設型ホームに比べて、安価で利用できる新型老人ホーム「サ高住」が、在宅型介護を推進する国の整備政策により拡大しています。

介護業界再編前夜

2年に一度の介護報酬の改定で経営環境が変わりやすい上、中小企業が乱立している介護業界。参入と撤退が相次ぐ介護業界は、まさに「再編前夜」にあると言えます。

活発化する中小企業のM&A

地方の中小事業者を買収することで、人材と地域の信頼を獲得できる大手の買い需要と、サービス継続への有効な手段として事業譲渡を検討する中小企業の売り需要が同時に発生しています。

次は「介護業界M&Aの現状」へ

M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
  • ▼ Webから無料相談はこちら
  • 譲渡(売却)をご検討中の方 売却希望の事業者様、事業承継先をお探しの事業者様はこちらからお問い合わせください。
  • 譲受(買収)をご検討中の方 買収希望の事業者様、事業を承継いただける事業者様はこちらからお問い合わせください。