後継者不在、経営不振、先行き
不安から譲渡を考える事業主が増加

中小企業が乱立する介護業界は、「買い」「売り」需要が同時に発生しつつあるまさに「再編前夜」。異業種の大企業の勢力拡大や、総量規制下での既存事業者の拠点拡大や多角化の手段として、M&Aによる譲渡を検討する事業主が増加しています。

介護業界M&Aにおけるタイミング

  • 施設系は、「特定」「グループホーム」は引き続き交渉優位。
  • 在宅系の譲渡価値は「有資格者の有無」に左右される傾向が強い。
  • 小規模・中規模事業者は大型案件を狙わず、小型優良案件を検討対象に。
  • 業界再編を生き残るには

    勝ち組の仲間入りを果たす

    今後の介護業界は、ノウハウと資金力を持つ企業が、より大きくなる時代。体力に劣る地方の独立系中小企業は、M&Aにより大手の傘下に入ることで、勝ち組の仲間入りを。

    地域ナンバーワンを目指す

    M&Aにより医療と介護の連携、あるいは差別化を図り、国の方針や制度改革に左右されない地域密着型の戦略で、地域ナンバーワンを目指して。

    M&Aで業界再編を生き残る!

    次は「介護業界M&Aのメリット」へ

    M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
    M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
    • ▼ Webから無料相談はこちら
    • 譲渡(売却)をご検討中の方 売却希望の事業者様、事業承継先をお探しの事業者様はこちらからお問い合わせください。
    • 譲受(買収)をご検討中の方 買収希望の事業者様、事業を承継いただける事業者様はこちらからお問い合わせください。