日本M&Aセンター 業界再編

業界再編サミット 参加料無料

業種別M&Aセミナー開催

9月25日 事業の承継を考える日
9月28日 IPOとその後の飛躍的な成長を考える日
9~10月 業界の未来を考える日(7業種全28会場)

開催終了致しました。多数のご参加を頂きまして誠にありがとうございました。

会社が飛躍的に成長するために

「事業の承継」・「会社の成長」・「業界の未来」というテーマで変革の時代を生きる経営者やビジネスパーソンが抱える課題とその解決策について掘り下げます。この機会にぜひご来場くださいますようご案内申し上げます。
7つの業界について専門性を深め、それぞれの業界を熟知したコンサルティングのエキスパートがいる。日本M&Aセンターだけのきめ細かなサポート体制があります。

事業の承継を考える日
これからの事業承継の在り方を様々な視点から解説
9月25日(火)

第1部 「事業の将来性」から考える事業継承~上場企業社長が60歳で考えたこと~
日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓
講師:日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓
1991年、日本M&Aセンターの立ち上げに参画。2007年に東証一部上場に導く。以来、中小業の後継者問題を解決するための友好的M&A支援を行い、実績数は数百件に上る。中堅・中小企業のM&Aの第一人者として年間に50件以上の講演活動を行う。
第2部 40代で会社を譲渡した5つの理由~圧倒的高値で会社を譲渡するためには~
フィットネス・コミュニケーションズ株式会社 元代表取締役 江幡 誠 様
講師:フィットネス・コミュニケーションズ株式会社 元代表取締役 江幡 誠 様
東海大学体育学部卒業後、大手フィットネスクラブでの勤務を経て、フィットネス企業向けのクラウドサービスを提供するIT企業を設立。45歳の時に日本M&Aセンターの仲介にて自社を譲渡。譲渡後は自ら健康増進施設のM&A案件に取り組み、支援した事業所は30以上に上る。
第3部 M&Aによる「第2の創業」でビジネスにイノベーションを
日本M&Aセンター 上席執行役員 業界再編部長 渡部 恒郎
講師:日本M&Aセンター上席執行役員 業種特化事業部 事業部長 兼 業界再編部長 渡部 恒郎
京都大学経済学部在学中に入社したベンチャー企業でNo.2となり、関連会社を設立。取締役就任。卒業後、日本M&Aセンターに入社。2008年から15年までM&Aプレイヤーとして同社において累計最多成約実績を誇る。16年に自身でゼロから立ち上げた業界再編部を売上28億円超の部署に育てる。

日時:9月25日(火)15:00~17:30(受付30分前より)
場所:日本M&Aセンター東京本社
東京都千代田区丸の内一丁目8番2号鉄鋼ビルディング

IPOとその後の飛躍的な成長を考える日
「IPO」×「成長戦略」を主題に据えた2つの講演とピッチ大会
9月28日(金)

第1部 IPO後10年で時価総額200億円から6000億円への飛躍の秘訣
日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓
講師:日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓
1991年、日本M&Aセンターの立ち上げに参画。2007年に東証一部上場に導く。以来、中小業の後継者問題を解決するための友好的M&A支援を行い、実績数は数百件に上る。中堅・中小企業のM&Aの第一人者として年間に50件以上の講演活動を行う。
第2部 起業、失敗。そして上場への成長秘話。~上場して変わったこととは?~
ソウルドアウト株式会社 代表取締役社長 荻原 猛 様
講師:ソウルドアウト株式会社 代表取締役社長 荻原 猛 様
大学卒業後、起業するもあえなく失敗。失意の中、インターネットでモノを売る技術を身に付けたいと考え、2000年に株式会社オプトに入社。2006年に執行役員に就任。2009年にソウルドアウト株式会社を設立。2017年に東証マザーズに上場。中央大学大学院戦略経営研究科修了・経営修士。
第3部 その発想が、未来をひらく。STARTUP PITCH NIGHT

上場を目指している経営者によるピッチ大会を開催。優勝賞金は100万円。第1部・第2部の講師である、日本M&Aセンター代表取締役社長 三宅卓、ソウルドアウト株式会社代表取締役社長 荻原猛様に加え、株式会社ジャフコにて30余年にわたり一貫して未上場企業への投資と、投資先企業への成長支援に携わり、多くの実績を持つ、日本投資ファンド専務取締役 加納恒典の3名が審査員として参加予定。

日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓
日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓
ソウルドアウト株式会社 代表取締役社長 荻原 猛 様
ソウルドアウト株式会社 代表取締役社長 荻原 猛 様
株式会社日本投資ファンド 専務取締役 加納 恒典
日本投資ファンド 専務取締役 加納 恒典

日時:9月28日(金)15:00~17:45(受付30分前より)
場所:日本M&Aセンター東京本社
東京都千代田区丸の内一丁目8番2号鉄鋼ビルディング

業界の未来を考える日
業界M&Aコンサルタント×M&A経験オーナー
9~10月

IT業界の未来を考える日
  • 第1部 業界M&Aコンサルタントによる講演
    IT業界の未来を支える、中堅・ 中小IT企業のM&A戦略

    IT業界にも劇的な変化が求められている今、中堅・中小IT企業のM&Aが活発になっています。当日は直近で行なった、豊富なM&A事例から、将来のための具体的なM&A戦略についてお話しいたします。

    日本M&Aセンター業界再編部 ITチーム責任者 瀬谷 祐介
    講師:日本M&Aセンター業界再編部 ITチーム責任者 瀬谷 祐介
    大手金融機関を経て、日本M&Aセンターに入社。新設された業界再編部において調剤薬局業界並びにIT業界のM&Aアドバイザーとして50件以上のM&A成約実績がある。現在は、IT業界のM&A責任者として、数多くの友好的なM&A、事業承継を実現している。
  • 第2部 M&A経験オーナーによる成功体験談
    40代で会社を譲渡した5つの理由

    当初、人材確保や販路拡大を目的に買収を検討していた江幡氏が、最終的に45歳で会社譲渡を決断した理由とは?買収と譲渡を比較し感じたことなど、実体験に基づきお話しいたします。

    フィットネス・コミュニケーションズ株式会社 元代表取締役 江幡 誠 様
    講師:フィットネス・コミュニケーションズ株式会社 元代表取締役 江幡 誠 様
    東海大学体育学部卒業後、大手フィットネスクラブでの勤務を経て、フィットネス企業向けのクラウドサービスを提供するIT企業を設立。45歳の時に日本M&Aセンターの仲介にて自社を譲渡。譲渡後は自ら健康増進施設のM&A案件に取り組み、支援した事業所は30以上に上る。
調剤薬局業界の未来を考える日
  • 第1部 業界M&Aコンサルタントによる講演
    1店舗から上場企業まで、ステージ別成功するための経営戦略

    投資、採用、独自の取り組み等、あらゆる経営戦略の一つ一つについて、1店舗から上場企業までの各ステージ毎の経営成功事例を解説いたします。

    日本M&Aセンター上席執行役員 業種特化事業部 事業部長 兼 業界再編部長 渡部 恒郎
    講師:日本M&Aセンター上席執行役員 業種特化事業部 事業部長 兼 業界再編部長 渡部 恒郎
    京都大学経済学部在学中に入社したベンチャー企業でNo.2となり、関連会社を設立。取締役就任。卒業後、日本M&Aセンターに入社。2008年から15年までM&Aプレイヤーとして同社において累計最多成約実績を誇る。16年に自身でゼロから立ち上げた業界再編部を売上28億円超の部署に育てる。
  • 第2部 M&A経験オーナーによる成功体験談
    地域No.1薬局が譲渡した理由

    青森県中心に14店舗を展開している、優良企業がなぜ大手企業と手を組むことを決断したのか、その経緯や戦略的理由を語っていただきます。

    株式会社アポテック元取締役会長 青山 智幸 様
    講師:株式会社アポテック元取締役会長 青山 智幸 様
    1988年東京薬科大学卒。三共株式会社(現:第一三共株式会社)を経て、1995年に株式会社アポテックの前身となる有限会社エヌエーメディックを設立。地域に根差した14店舗の薬局チェーンへと成長。2018年に株式会社メディカルシステムネットワークとのM&Aを実現。
食品業界の未来を考える日
  • 第1部 業界M&Aコンサルタントによる講演
    外食産業を中心に、加速する大型再編時代を生き残る方法

    外食産業を中心とした業界再編の加速が始まる食品業界において、大手企業との資本提携を契機に、大きく成長を遂げている企業の事例を基に、成長戦略型M&Aの実践方法をレクチャーします

    日本M&Aセンター業界再編部 食品チーム責任者 江藤 恭輔
    講師:日本M&Aセンター業界再編部 食品チーム責任者 江藤 恭輔
    青山学院大学法学部卒業後、大手金融機関で法人営業に従事した後、日本M&Aセンターに入社。食品業界の担当として、製造から卸、小売り、外食まで、様々な業態のM&Aによる成長戦略、事業承継支援に取り組む。丸亀製麺を展開するトリドールHDと立ち呑み居酒屋「晩杯屋」を展開するアクティブソースの資本提携、同じくトリドールHDと豚骨ラーメン店「ずんどう屋」を展開するZUNDの資本提携などを手掛ける。
  • 第2部 M&A経験オーナーによる成功体験談
    M&Aにより、事業承継問題の解決と、セカンドライフ

    浅草で30年以上、鰻屋を経営。経営も好調だった老舗がなぜ、他社と組むことを決断したのか。その経緯や戦略的理由を語っていただきます。

    株式会社ショージアンドケー 元代表取締役 小林 昌司 様
    講師:株式会社ショージアンドケー 元代表取締役 小林 昌司 様
    慶応大学理工学部卒。株式会社ダイエー外食事業部を経て、リッカー株式会社にて、焼き鳥・鰻店のチェーン展開を手掛ける。1984年リッカー株式会社の倒産に伴い、自身で手掛けた店を個人で引き継ぐ形で独立し、株式会社ショージアンドケーを創業。2015年に30年以上続いた会社をM&Aにより株式会社バル・ジャパンに譲渡し、現在に至る。
建設・設備工事業界の未来を考える日
  • 第1部 業界M&Aコンサルタントによる講演
    会社の安定と発展を実現するM&A戦略

    過当競争からの脱却のため、建設・設備工事業界も業界再編時代に突入し、最もM&Aが活発な業界の一つとなりました。従業員・顧客・地域から選ばれる会社になるためのM&A戦略を具体的な事例を基に解説いたします。

    日本M&Aセンター 業界再編部 建設・設備工事チーム責任者 西田 賢史
    講師:日本M&Aセンター 業界再編部 建設・設備工事チーム責任者 西田 賢史
    一橋大学経済学部卒業。2008年日本M&Aセンター入社以降、中堅・中小企業のM&A仲介に従事。上場企業専門の部署にて、買収から子会社の売却まで幅広い資本政策を支援した後、現在は業界特化型の業界再編部にて、建設・住宅・不動産業界の責任者として多くのM&A成約に取り組む。
  • 第2部 M&A経験オーナーによる成功体験談
    M&Aで若手社員に夢を与えられる会社に

    会社の更なる発展を実現し、「若手社員に夢を与えられる会社にしたい」そう考えて、業績が好調な中、M&Aを決断した想いや経緯、M&A後の会社の状況などを語っていただきます。

    栄信電気工業株式会社 元代表取締役 坂田 明彦 様
    講師:栄信電気工業株式会社 元代表取締役 坂田 明彦 様
    株式会社ミツウロコを経て、1987年に義父の経営する栄信電気工業株式会社に入社。会社の再建を託され、1999年に3代目の代表取締役に就任し、会社の健全化を実現。2012年、56歳の時に「自社の更なる発展」「若手社員に夢を与えたい」という想いから、上場会社とのM&Aを実現。
住宅・不動産業界の未来を考える日
  • 第1部 業界M&Aコンサルタントによる講演
    会社の安定と発展を実現するM&A戦略

    業界の転換点を迎え、住宅・不動産業界も業界再編時代に突入し、最もM&Aが活発な業界の一つとなりました。業界の新しいフェーズでも生き残る会社になるためのM&A戦略を具体的な事例を基に解説いたします。

    日本M&Aセンター 業界再編部 住宅・不動産チーム責任者 西田 賢史
    講師:日本M&Aセンター 業界再編部 住宅・不動産チーム責任者 西田 賢史
    一橋大学経済学部卒業。2008年日本M&Aセンター入社以降、中堅・中小企業のM&A仲介に従事。上場企業専門の部署にて、買収から子会社の売却まで幅広い資本政策を支援した後、現在は業界特化型の業界再編部にて、建設・住宅・不動産業界の責任者として多くのM&A成約に取り組む。
  • 第2部 M&A経験オーナーによる成功体験談
    友好的M&Aで10年後も成長し続ける会社に

    「10年後も成長し続ける会社にしたい」そう考えて、業績が好調な中、M&Aを決断した想いや経緯、M&A後の会社の状況など語っていただきます。

    株式会社VALOR 元代表取締役 北折 勝美 様
    講師:株式会社VALOR 元代表取締役 北折 勝美 様
    大手不動産賃貸会社を経て、2002年に横浜で不動産仲介・管理・コンサルティングを行う株式会社VALORを設立。「社員一人一人の向上心、顧客との信頼関係」を経営理念に定め、顧客から選ばれる優良企業に育て上げた後、46歳の時に「10年後の会社の発展と存続」を見据え、上場企業とのM&Aを実行、現在に至る。
運送・物流業界の未来を考える日
  • 第1部 業界M&Aコンサルタントによる講演
    迫られる選択、運送・物流企業の戦略的事業承継とは

    親族内承継、社員承継、社外承継、様々ある事業承継のうち、自社が取るべき方法とはどれなのか、専門コンサルタントが各方法のメリット・デメリットと成功例を解説いたします。

    日本M&Aセンター業界再編部 運送・物流チーム責任者 山本 夢人
    講師:日本M&Aセンター業界再編部 運送・物流チーム責任者 山本 夢人
    大手証券会社を経て、土木資材メーカーの副社長として経営に参画後、日本M&Aセンターに入社。経営者としての経験を基に中小企業オーナーの立場に立ったM&Aを提案。現在は運送・物流業界担当の責任者としてM&Aを支援している
  • 第2部 業界M&Aコンサルタントによる成功事例・失敗事例

    運送・物流業界で成功するためのM&A戦略とは

    M&Aで発展、成長している企業の事例を基に、専門コンサルタントがその成功例について詳細に解説いたします。

    日本M&Aセンター 業界再編部 運送・物流チーム 一色 翔太
    講師:日本M&Aセンター 業界再編部 運送・物流チーム 一色 翔太
    早稲田大学法学部、同法科大学院卒業後、2014年、司法試験合格。カンボジアの日系企業及び日系法律事務所での半年間のインターンを経て、司法修習(69期)を修了。日本M&Aセンターに入社。運送・物流業界担当のM&Aコンサルタントとして、全国の中堅・中小企業のM&A支援に取り組んでいる。
製造業界の未来を考える日
  • 第1部 業界M&Aコンサルタントによる講演
    会社と社員の未来を切り開く、ベストパートナーの選び方

    時代の変化を勝ち抜くために必要なことは競争することではなく協調していくことです。そのために誰と手を組むべきなのか、改めて考えていくことが求められています。

    日本M&Aセンター 業界再編部 製造チーム責任者 太田 隼平
    講師:日本M&Aセンター 業界再編部 製造チーム責任者 太田 隼平
    京都大学経済学部を卒業後、株式会社キーエンスでセールスエンジニアの経験を経て、日本M&Aセンターに入社。ITソフトウェア業界や、ものづくり企業を専門としており、ハードウェア・ソフトウェア問わず優れた技術を理解した上で、地域問わず中堅・中小企業の事業承継及び成長戦略に関するコンサルティング業務に注力している。
  • 第2部 M&A経験オーナーによる成功体験談
    経営者としてのバトンを従業員に渡すために考えた、M&Aという選択肢

    「真剣に会社の未来を考えている社員を次の社長にしたい」そう考えて、決断したM&Aです。当時の想いや、決断の背景、譲渡から7年経った今感じていること等を、体験談としてお話しいたします。

    株式会社ペリテック 取締役会長 平 豊 様
    講師:株式会社ペリテック 取締役会長 平 豊 様
    群馬県高崎市にて半導体等の計測システム・検査装置の開発を行う株式会社ペリテックを創業。高いレベルの技術力や開発実績で事業を拡大。事業承継の選択肢を模索し、2011年9月、テクノアルファ株式会社様にM&Aを通じて株式を譲渡し現在に至る。

top